ただの私生活

沖縄に来て2018.3月で1年と10ヶ月。

いろんな人に会ってきたけど、

つい先日このホームページ経由でメールが。

ホムペ経由のメールは届くとドキドキする。

今まで全部が応援メールだったり、農家さんからのメールで読むのが楽しいのだが、開くまでは「とうとう誹謗・中傷が来たか⁈」とか頭よぎる時もある。

この時は牛で人生歩んでくっていう沖縄の青年からメール。

内容はどうやって人生進めてきたか、お話を聞きたいです。

といった内容。

びっくりしたけど了承した。

たまたまお互いに割りかし近い場所に住んでたからあいだのマッ○でお茶しながら。

青年はたくさん私に質問をし、意見もし、一生懸命だった。

畜産のことはもちろんだが、それよりも

私がオーストラリアに行った時のことや、地元以外で暮らすことについて興味があったみたいだね。

人付き合いのことや人生で大切なことを知りたかったようだ。

あたしそんなこと語れる人物でもないんだけど

経歴を話してたら、え〜!とかほー!とか彼なりに何か感じ取っているようだった。

 

若い子って可能性と希望で眩しくて仕方ないなあー。

あたしはゆとり世代を担わされた世代なんだけど、こういうゆとりっぽくない感じに

あたしよか若いこの青年は、「どうやったらこんなに長年動き続けてられるんですか?」と聞いた笑

理由はこれだけ、やりたいから・知りたいから。

体力気力はケータイの充電みたいなもんではないと思ってる。

使うと減るんじゃなくて

鉱山の鉱脈のように掘り続けるとまた新たな鉱脈が湧く感じ。

ただしこの世と同じく資源は決して無限ではない。

あたしが資源を使うペースが早すぎると、ちゃんと見返りを食らう。

風邪を引くのだ笑

1年に1回。

どんだけ気を付けて万全にしてても「なんで今なの!」ってタイミングでね。

長年こんな調子。

だから近年は風邪を引いた時が体を休める時って思うことにした。

今までは風邪引いてる時間なんて無い!無駄な手間とらせやがって!って思ってたけど、

反抗しないことにしたの。去年から。

鉱脈掘りすぎ!資源追いつかない!って怒られてるわーと思えば、1年に1日くらいは体休めなきゃなって思えた。

自分がちっぽけな地球のカケラで、宇宙のカスみたいな存在だけど、この世の一部であると感じる瞬間。

地球の資源と人がちゃんとバランスを取らないといけないように、あたしの中の資源とあたしはちゃんとリンクしてる〜あたしは地球と同じ仕組みだなあ〜と思い知れる。

いつか書いた「本質について」をリンクさせときますか。

 

だから風邪も愛おしく思える。

青年に、「風邪引いたら休めサイン。半日休んで、2日で治すのさっ。てへぺろ」って言ったら笑ってた。

体力なんて気にしない。

本当にやりたいことなら、しっかり体はついてきてくれる。

足を怪我して思うように動かないことで右足と喧嘩になる事もある。

駆使される腰が、めっちゃご機嫌斜めな時もある。

そんな時は

「いつも右足が頑張ってくれるから、牛に踏まれても折れなかった。ありがとね。

ごめん、確かに昨日は無理な姿勢で草を運んでしまった。明日はもっと気にかけるからさ。」

と言ってあげる。

しょうがないな。今年も風邪引いたら休ませてくれよ。と返答されつつ頑張ってくれるってわけ。

Thank you 地球!

この世は生きるに値する by 駿

Life is worth living    英訳by New York Times

こないだの青年と、畜産と農業界が未来ある希望であり続けますように!

ただの私生活, 闘牛

やってきました

行ってきました

全島ψ(`∇´)ψ

一年の中でとっても大切な日の一つ。

闘牛では階級があり、沖縄では

  • 重量級(横綱ともいう)
  • 中量級
  • 軽量級

それぞれで優勝旗争奪戦があり

つまりチャンピオン決定戦。

チャンピオンに対してチャレンジャーが対戦するというボクシングとおんなじシステム。

防衛成功か新チャンピオン誕生か…ハラハラドキドキ

とりあえず結果込みの番組表を↓

まるついてるのが勝った方、対戦タイムと共に記載ψ(`∇´)ψ

軽量・中量は防衛、横綱はチャレンジャーがかっさらっていったψ(`∇´)ψって感じ〜


♡闘牛の魅力とやら♡

上の画像の番組表で、横綱の右側、チャレンジャーの邁進龍は

1年半前、あたしが徳之島にいた時から知ってる牛。

場所は変わって沖縄で、邁進龍が勝った喧嘩を観れてよかった。

他には11のハヤタカ7ちゃんも徳之島で観てた牛。

6の有心龍の勢子やる人の中にめっちゃ勢子がうまい人がいるのよねー。

中量の古堅モータースは、強い牛いっぱい持ってる、野球でいうとこの巨人みたいな団体やな。車屋さんが主なんだけど。

という具合に、観てるとだんだん自分の好みの牛ができてきたり、勢子の上手い下手が分かってくるのも楽しい。

闘牛は基本、一人の人が闘牛を世話してるんではなくて、チームで面倒見てるのー

大きいチームで代表的なのがさっきの古堅モータース。

主はこの車屋さんの社長なんだけど、たくさんの仲間が支えてる。

毎日の草刈り、毛を手入れしたり、稽古や運動に連れていったり、牛小屋の掃除や、何歳でデビュー戦をさせるか考えたり、怪我をしていれば治療もしなければならない。

自分の仕事とは別で仕事がいっぱいある。

だから闘牛飼いはみんな自分の仕事が終わってから、闘牛のための仕事をする。

少し想像してほしい。

17時、18時、はたまた19時に仕事終わったらさっさと飲みに行きたかったり、おうちに帰りたいよねー。

アフターファイブに向かう先は牛小屋だ。

徳之島で飲み屋の仕事をしてた時、たまに作業着姿で首にタオル巻いて、草と獣の匂いがほんのりするお客さんが来る。

彼らは間違いなく草刈りと牛小屋帰りだ。

あたしたちはメイクしてドレス着てる。そんな汚い感じでお店来るかね!って思うけどさー

憎めん。そんな真剣な目で牛を語られちゃあ…

 

それぞれのチームが試合に向けて頑張る。

自分と自分の牛と、仲間を信じて。

「なんでそんな金にもならんことを」と、まともな人間は鼻で笑うだろう。

たしかに。

でも観てるだけのあたしですら心奪われる。

やば。闘牛観に行きたい。


♡今回もいました!キン○マおっきい奴!笑

♡一番前で観るのが一番いい

観に行く際はぜひ一番前で

闘牛の表情を見て‼︎匂いを感じて‼︎雰囲気に飲まれて‼︎

♡柵際の戦い!土手をどう使うの⁈

♡なるほど‼︎良いパフォーマンスをありがとう…

遊園地の水のやつかかってもへっちゃら的な…w

バッグの中まで土だらけ。

甲子園の土持って帰る的な…w

 

♡死闘ですな…

ただの私生活, 畜産

怒涛の3ヶ月が終わりましたー

長く短い、年に一度の牛飼いの青春。共進会。

糸満市大会が7月、南部地区大会が9月、県大が11月。

あたしがバイトに行ってる農家からは、2頭が出品。

社長は成牛を、あたしが未経産(子供を産んでいない若い牛のこと)を、面倒見てたのさ。

 

結果は、成牛が優等2席

未経産が優等3席

 

悔しい。嬉しい。

不甲斐ない。ありがたい。

こんな複雑な涙は人生で初めて味わった。

 

でも長いこと牛飼いやってる人から言わせたら

’そんな初の県共で3番なんかむしろ贅沢’

って言われちゃう。

 

わかってます。

あたしなんかが高望みしたらだめだよね。

でもね、めちゃめちゃ優等1席狙ってた、正直獲る気でいたのよ。

勝負は勝つから面白いと思ってる。

負けた悔しさから次に繋がることを学ぶ、とかってのも大切とは思ってるけど…

やっぱ勝つ快感が欲しい。

ただ…勝っても負けても変わらない気持ちがある。

感謝だ。

本当に牛はよく頑張ってくれた。

毎日1時間の散歩や、数時間の立ち訓練。

草の種類を変えられたり、

ロープで叩かれ、調教され。

歩けとか 止まれとか

食えとか 食うなとか

たくさん命令してごめんね。

勝たせてあげられなくてごめんね。

毎日毎日あなたと一緒に過ごして、あなたの良さを分かってたのにそれを最大限まで引き出すことができなかったのは、あたしのせいよ。

結果発表のとき、隣の優等2席の牛に

「あたしの主はもっともっと手をかけてくれたわ」

って言われた。

脱帽とはまさにこのことだろう。

なんてこった。やっぱりプロの世界は甘くない。

と言うことで、

初戦は3位。

ありがとう、牛よ。大好きよ。

心から全ての牛飼いをリスペクトしてます。


♡もうひとつ♡

糸満市団体賞ゲットした♪

7頭出品、うち5頭入賞。すごいねー


審査会場

審査の様子

ホルスもいるよ

待機

ただの私生活, 畜産

あたし一人ならいくらでもしていいと思うんだけど、

一人で牛と喋ってると畜産家からも引かれるよ。


共進会沖縄県大会、略して県共に出場が決まった今、

2ヶ月間毎日毎日歩かしてる。およそ1時間。

時には雨に打たれながら、時には炎天下のさなか。

暑すぎない夕方に歩かすことが基本だが、仕事の都合上真昼間になることもある。

暑くて暑くて、出発前にちょっとためらったある日。

 

 

牛:なずー、やっぱ行くー⁇アチー

なず:いやーまあ行くは行くよ。アチーね

牛:だよねー。分かってるけど、もうちょいはんすうさせて

なず:おっけー。あたしもここでひとやすむわ。

牛:ってなず、足に座るかね

なず:重かったら立てばええやん

牛:ちょっと今立ちたくない。反芻したい

なず:あと3分経ったら行こ

牛:任せとけ


んでこれな。ハッピーのもと。

かつサンド♡680YEN

六丁目食堂 とん屋

901-0305 沖縄県糸満市西崎6丁目7−7

パンはおそらく一般的なパン

とんかつは肉厚ジューシーとかじゃない

ただトータルのバランスが絶妙。

虜にさせた小悪魔ちゃんは「きゅうり」

シャキシャキでたまらん。

チーズが入ってるのも最高。

んでカットの仕方が賢い。

かつサンドというがっつりしたお料理だけど、可愛い小さいカットなのね。

だから一口食べたら確実に全ての具材が口に入る。

端っこあんま具がない〜とかがほぼない。

週3これがお弁当で入ってても文句ないね。

ハッピーーイエーイ

ただの私生活, 畜産

人生の選択についてちょっと書いたけどプラスαで。→選択する。生き方を

自分の本質を見つけると自分を好きになるのです。(きっぱり笑)

心底楽しいと思ってるときと、心底最悪だと思ってるときとでは、1日の過ぎるスピードも食べ物のおいしさも変わると思わない⁇

今回はそんな悩みを打破する手伝いとして、「本質」について。

本質:そのものとして欠くことができない、最も大事な根本の性質・要素。

Googleより

あなたの本質はなんですかー!

釣りがイノチとか、麻雀がイノチとか、読書がイノチとか、バスケがイノチとか、アントニオイノキとか。はい、スルー

釣り好きの人に「給料毎月100万あげるから山で木を切る仕事を一生やってきて」って言ってその人行くと思う?

きっと行かないね。

100万くれるなら1ヶ月くらいなら行くかもだけど笑

でもきっといずれチェーソー放り投げて、釣竿かついで海に向かうだろうね。

あたしは水商売で金を稼ぐことが本当に必要なことではなかったの。

あたしはあたしとして存在するために、素直で生きてたかった。

長年水商売やってきたあたしは、毎日文句言って何かにイライラして、海も空も風ですらウザかった。お前らそんなキラキラ輝いてんぢゃねえ。こちとら今日も売り上げ考えなきゃいけないんだよ。

って思って過ごしてた。

なんて悲しいの。

そんなとき闘牛に出会った。

奴らは軽自動車みたいな図体だけど、人に引かれて歩く姿がとてもとてもいさぎよかった。

心惹かれた。

今のあたしにあんなひたむきさはないし、あたしは文句ばっか言ってるダメ小娘だ。

いっきに牛の世界へ引き込まれるあたし。

何ヶ月もかけてだけど、ようやく心は持ち直していき、いつだって人間を住まわしてくれる地球に感謝した。

高いとこから街を見下してネオンがキレーって言ってるより、

何十年もかけて育った木々に挟まれたちっぽけな自分が星空を見上げてるときのほうが、あたしにとって命の美学だった。

自分の声なんか波音で消されてしまうくらい広大な海。そこから来る風が、あたしにぶつかる瞬間こそが生きてると感じれる瞬間だった。

そんなときに、あーこれだー今あたし本質にばちこい心臓鷲掴みにされてる。

と思うのだ。

話せない相手との会話。

牛はそういう自然界の一部。

あたしも自然界のほんの一部。

話せないからこそ可能性を感じてしまう世界。

あたしの存在価値を見いだす牛よ。風よ。

もっとあたしにできることはないですか。

牛たち: モ~~~‼︎‼︎‼︎(とりあえず腹減ったぞ~~い!な~~ず~~‼︎早く~~~)

うるせぇっっ!怒

今いいとこなんだからちょっと待って!笑

腹減ったときだけ甘えてきやがって‼︎

おいそこのチビたち!走るな!怪我する‼︎‼︎

そんな毎日笑

今日もあたしは確実に必要とされてる。

そしてあたしにもこいつらが必要なのだ。

あなたの本質はなんですか

どんな1日を過ごしてるのか→うしとの1日(牛としゃべる、というかほぼ独り言)

ただの私生活, 畜産

♡さて問題です。

生きてくうえで選択するときどのように決めますか?

後悔しない選択できてますか。

あたしがたまーに考えることなんだけど

今の自分に不満はないか。

自分を甘やかしてないか。

自分のことが好きか。

トータルで納得しているか。

トータルで納得していないのか。

するとあれあれ?

毎日何かに文句を言ってみたり、愚痴が出る。

→うざい、イヤだ、きらい

ほんとはやれるけどやってないことがある。

→明日でいいや、めんどいわ

ほんとは変わりたいけど、結局同じことを繰り返す人生。

→ストレス溜まるわ、飲み行くか

トータル納得。ではない「妥協」

逃げ、回避、現実逃避。

これは昔のあたしの生き様。

目も当てられんわ。

でもいっちょまえに好きなことはやるってゆーワガママ。

ナメた人生だったよほんと。

これを少しずつ変えてくのだ。

するとあれあれ?

事前に何に不満を感じるか分かる。

事前に何なら手を抜くか、抜かないか分かる。

自分を好きになれる瞬間は意外と気づいてないだけで、実は自分を好きになれる。

辛いこともあるけど、トータル納得できる。

ってなるー‼︎

不思議ーー

♡さて、ではそうなるにはどうするか

・やっぱり好きこそものの上手なれ。

自分は何が好きかもう一回考えて

その中で自分の性格とか見つめ直して本当にできるのかをジャッジする。

・そんで優先順位を明らかにする。

例えば、あたしは

もともと水商売ばっかやってたんだけど、それは給料を早くたくさんもらうため。

そんでかけもちで興味のある職種にバイトで経験しとく。

生活するために→水商売

稼ぐためだけにやる。辛くても割り切る。

心を磨くために→好きな仕事、趣味

金は全く気にしない。好きだからやる。

給料がついてこないとか思わないことをする。

運動することが好きだったからガソリンスタンドで働いてみたり、ナース服着たかったから動物病院で受付やってみたり、マスターがおもしろい人だったからバーテンやってみたり、英語勉強したかったから塾講師やってみたり

水商売が中心だけど楽しそうなバイトはなんでもやった。3個かけもち当たり前くらいな感じで。

最終あたしが畜産を沖縄でやることにした理由とは

寒いのが嫌い→雪降らんといえば沖縄

海から離れたくない→ぢゃあ海からは離れない。沖縄か。

闘牛は原点だからな~→ぢゃやっぱ沖縄か!

暑いのはへーき干からびるほど暑くて結構!

夏になったらどんなに仕事楽しくても海行きてー!ってなるのは分かってたから最初っから海を側に置いとく。

闘牛観戦できなかったら畜産をやっていく初心を思い出せなくなるのが怖かった。

んであとは沖縄なら友達とか旅行来やすいから地元帰れなくてもなんとかなりそうって思ってね。

そんなふうに決めてく。

仕事自体は未知の世界だからやってみないと分かんないけど、自分をどんな環境に置くかで変わるはず。

なにより後悔しない。

たしかに苦労することはよくあるけど、後悔はない。

自分に出した条件をクリアした上でしたい仕事ができて感謝しかない。

んー伝わるかしら。書くのムズイんだけど笑

♯本質を見出すに続く

ただの私生活, 畜産

琉球新報に載ったとさ〜

畜産女子「今がハッピー」 名古屋出身の柴田奈純さん、牛に魅せられ沖縄移住
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-570073.html

 

実は取材を受けたことには間違いないんだけど、

これにはちょっと裏がありましてね。

取材を受けた日は2017.8.31

この日は糸満市の和牛共進会の日。

共進会とは→♯牛の美人コンテスト>共進会とは

記者のお姉さんは、誰かの牛の写真を撮ってたの。

あっ、新聞来てる!と思ってお姉さんの元へ駆けつけ、「すみませーん新聞ですか?」とあたしから声をかけた。

そしたらお姉さん、

「なんかオススメありますか?」と。

「あります!」と答え、自分が面倒見てた牛の元へ誘導。

この子なんだけどね♡

記者「かわいいですね〜」

あたし「ですよね〜」「あの、あたし内地(日本本島)出身なんです。」

記者「そうなんですか⁉︎なぜ沖縄で畜産をやってるんですか?」

あたし「これにはいろいろありまして。ちょっと話していいですか⁉︎」

記者「はい!ノート取ってもいいですか⁉︎」

あたし「はい!大丈夫です!」

てな具合で記者の横取り笑

結局あたしが記事になったとさ。おしまい。

※「今がハッピー」はちょいと恥ずい笑