畜産

これは和牛の肥育農家が活躍する大会。

繁殖農家は共進会。覚えてるー?共進会!

枝肉共励会とは、肉にランク付けするやーつ!

つまりはよく聞くA5とかA4とかだよ♡

これも共進会同様、年に一回あるの。

 

とりあえず結果から。

今年の沖縄の共励会は、同じ地区で牛飼いしてる友達が産ませた牛が3席に★

肥育してたのは違う知り合いなんだけど!

とりあえずA5見て‼︎‼︎

切りたてっ!

うんまそうやろ〜

ちょっと削いで炙りたくなるんだなー

 

今年は出品が30頭で、値段は1キロ2500円前後だったな。

400キロが商品だとして100万円ψ(`∇´)ψ

トップはこれの倍くらいよ♡

夢あるね!

共励会は正式には『枝肉共励会』といって、

肥育屋さんのロマンがいっぱい。。。

詳しくは

「切るまで分からん牛の肉」「食べるまで分からん肉の味」「え?枝肉の枝ってなに?」『枝肉共励会について』(作成中

 

 

ただの私生活, 闘牛

やってきました

行ってきました

全島ψ(`∇´)ψ

一年の中でとっても大切な日の一つ。

闘牛では階級があり、沖縄では

  • 重量級(横綱ともいう)
  • 中量級
  • 軽量級

それぞれで優勝旗争奪戦があり

つまりチャンピオン決定戦。

チャンピオンに対してチャレンジャーが対戦するというボクシングとおんなじシステム。

防衛成功か新チャンピオン誕生か…ハラハラドキドキ

とりあえず結果込みの番組表を↓

まるついてるのが勝った方、対戦タイムと共に記載ψ(`∇´)ψ

軽量・中量は防衛、横綱はチャレンジャーがかっさらっていったψ(`∇´)ψって感じ〜


♡闘牛の魅力とやら♡

上の画像の番組表で、横綱の右側、チャレンジャーの邁進龍は

1年半前、あたしが徳之島にいた時から知ってる牛。

場所は変わって沖縄で、邁進龍が勝った喧嘩を観れてよかった。

他には11のハヤタカ7ちゃんも徳之島で観てた牛。

6の有心龍の勢子やる人の中にめっちゃ勢子がうまい人がいるのよねー。

中量の古堅モータースは、強い牛いっぱい持ってる、野球でいうとこの巨人みたいな団体やな。車屋さんが主なんだけど。

という具合に、観てるとだんだん自分の好みの牛ができてきたり、勢子の上手い下手が分かってくるのも楽しい。

闘牛は基本、一人の人が闘牛を世話してるんではなくて、チームで面倒見てるのー

大きいチームで代表的なのがさっきの古堅モータース。

主はこの車屋さんの社長なんだけど、たくさんの仲間が支えてる。

毎日の草刈り、毛を手入れしたり、稽古や運動に連れていったり、牛小屋の掃除や、何歳でデビュー戦をさせるか考えたり、怪我をしていれば治療もしなければならない。

自分の仕事とは別で仕事がいっぱいある。

だから闘牛飼いはみんな自分の仕事が終わってから、闘牛のための仕事をする。

少し想像してほしい。

17時、18時、はたまた19時に仕事終わったらさっさと飲みに行きたかったり、おうちに帰りたいよねー。

アフターファイブに向かう先は牛小屋だ。

徳之島で飲み屋の仕事をしてた時、たまに作業着姿で首にタオル巻いて、草と獣の匂いがほんのりするお客さんが来る。

彼らは間違いなく草刈りと牛小屋帰りだ。

あたしたちはメイクしてドレス着てる。そんな汚い感じでお店来るかね!って思うけどさー

憎めん。そんな真剣な目で牛を語られちゃあ…

 

それぞれのチームが試合に向けて頑張る。

自分と自分の牛と、仲間を信じて。

「なんでそんな金にもならんことを」と、まともな人間は鼻で笑うだろう。

たしかに。

でも観てるだけのあたしですら心奪われる。

やば。闘牛観に行きたい。


♡今回もいました!キン○マおっきい奴!笑

♡一番前で観るのが一番いい

観に行く際はぜひ一番前で

闘牛の表情を見て‼︎匂いを感じて‼︎雰囲気に飲まれて‼︎

♡柵際の戦い!土手をどう使うの⁈

♡なるほど‼︎良いパフォーマンスをありがとう…

遊園地の水のやつかかってもへっちゃら的な…w

バッグの中まで土だらけ。

甲子園の土持って帰る的な…w

 

♡死闘ですな…

ただの私生活, 畜産

怒涛の3ヶ月が終わりましたー

長く短い、年に一度の牛飼いの青春。共進会。

糸満市大会が7月、南部地区大会が9月、県大が11月。

あたしがバイトに行ってる農家からは、2頭が出品。

社長は成牛を、あたしが未経産(子供を産んでいない若い牛のこと)を、面倒見てたのさ。

 

結果は、成牛が優等2席

未経産が優等3席

 

悔しい。嬉しい。

不甲斐ない。ありがたい。

こんな複雑な涙は人生で初めて味わった。

 

でも長いこと牛飼いやってる人から言わせたら

’そんな初の県共で3番なんかむしろ贅沢’

って言われちゃう。

 

わかってます。

あたしなんかが高望みしたらだめだよね。

でもね、めちゃめちゃ優等1席狙ってた、正直獲る気でいたのよ。

勝負は勝つから面白いと思ってる。

負けた悔しさから次に繋がることを学ぶ、とかってのも大切とは思ってるけど…

やっぱ勝つ快感が欲しい。

ただ…勝っても負けても変わらない気持ちがある。

感謝だ。

本当に牛はよく頑張ってくれた。

毎日1時間の散歩や、数時間の立ち訓練。

草の種類を変えられたり、

ロープで叩かれ、調教され。

歩けとか 止まれとか

食えとか 食うなとか

たくさん命令してごめんね。

勝たせてあげられなくてごめんね。

毎日毎日あなたと一緒に過ごして、あなたの良さを分かってたのにそれを最大限まで引き出すことができなかったのは、あたしのせいよ。

結果発表のとき、隣の優等2席の牛に

「あたしの主はもっともっと手をかけてくれたわ」

って言われた。

脱帽とはまさにこのことだろう。

なんてこった。やっぱりプロの世界は甘くない。

と言うことで、

初戦は3位。

ありがとう、牛よ。大好きよ。

心から全ての牛飼いをリスペクトしてます。


♡もうひとつ♡

糸満市団体賞ゲットした♪

7頭出品、うち5頭入賞。すごいねー


審査会場

審査の様子

ホルスもいるよ

待機